[終了] 5月31日(金)<東京> 大学発・東証マザーズ2大バイオベンチャー(ユーグレナ、アンジェスMG) IR説明会・特別株式講演会

関東地方


ミドリムシが地球を救う! ユーグレナ(2931)

ユーグレナ(2931)東京大学発のバイオテクノロジー企業であるユーグレナは、2005年に世界で初めてCO2固定能力に優れる微細藻類であるユーグレナ(和名:ミドリムシ)の大量培養技術の開発に成功しました。高タンパクで栄養価が高く、軽質なオイルを抽出・精製できるユーグレナを利用し、機能性食品、化粧品等の開発・販売を行うとともに、CO2固定化、水質浄化やバイオジェット燃料の生産に向けた研究を行なっています。その事業展開は「食料」「繊維」「飼料」「肥料」「燃料」へと段階的に拡大しており、研究・技術開発面での提携パートナーも東証1部の大企業が名を連ねています。機能性食品がすでに収益化しており、2010年9月期以降、期間収益は黒字化を果たしています。

バイオベンチャーの草分け! アンジェスMG(4563)

アンジェスMG(4563)大阪大学発のバイオ企業であるアンジェスMGは、有効な治療法のない難病の患者様に革新的な医薬品をいち早くお届けすることを使命とするバイオ製薬企業です。1999年に設立されて以降、研究と開発の第1段階を経て、いよいよ大型プロジェクトの商業化に向けた第2ステージを迎えています。足の血流が極度に悪化する重症虚血肢向けの遺伝子治療薬「コラテジェン」が臨床開発の最終段階に入るほか、提携を通じた難治性の転移性皮膚がん向け遺伝子治療ワクチン「アロベクチン」は、米国、欧州を中心とした第Ⅲ相(フェーズ3)の国際共同治験を実施中です。「遺伝子医薬のグローバルイノベーター」を目指し、次世代のバイオ医薬品である遺伝子医薬の開発と実用化を進めています。

フィスコアナリストによる株式講演会

ここから人気化が予想される個別銘柄、物色テーマ、そして相場の方向性をズバリ解説します。マーケット情報で定評のあるフィスコのアナリストの話が「生」で聞けるめったにないチャンスです。

協力:フィスコ

説明会概要
日時 2013年5月31日(金) 12時30分開場~16時00分終了予定
詳細は下記タイムスケジュールをご覧ください。
会場 東京証券会館8階ホール
東京都中央区日本橋茅場町 1丁目5−8

交通 東京メトロ東西線・日比谷線「茅場町駅」8番出口直結
申込方法 メールによりお申し込みください。
「5月31日東京セミナー参加希望」と記載の上、住所・氏名をご記入ください。
seminar@nsjournal.jp
個人情報については厳重に管理し、説明会の案内のみに使用します。
募集定員 300名 (一部新聞読者優先席あり)

※先着順。定員になり次第入場をお断りする場合があります。お早めにご来場ください。

参加料 無料
ご来場者の皆様に粗品を進呈、お楽しみ抽選会も実施します。
タイムスケジュール
第1部
13:00~13:50
ユーグレナ(2931・東証マザーズ) 代表取締役社長 出雲充氏■会社説明会

ユーグレナ(2931・東証マザーズ)
代表取締役社長 出雲充氏

会社説明+質疑応答

休憩 13:50~14:00
第2部
14:00~14:50
アンジェスMG(2931・東証マザーズ) 代表取締役社長 山田英代氏■会社説明会

アンジェスMG(4563・東証マザーズ)
代表取締役社長 山田英氏

会社説明+質疑応答

休憩 14:50~15:00
第3部
15:00~15:50
フィスコ チーフアナリスト 佐藤勝己(さとうかつき)氏■株式講演会

フィスコ チーフアナリスト
佐藤勝己(さとうかつき)氏

<プロフィール>
山一証券を経てフィスコに入社。市場の「なぜ」を自分なりに納得することを信条に、株式市場・個別銘柄を担当。著書は「儲かる株がわかります」、「マーケット大予測2003」。

戻る